「おうち」と「お金」のQ & A

火災保険のQ & A

このお店では、住宅ローン借換え(見直し)や生命保険見直しも多いです。
ただ、火災保険見直しという言葉はあまり聞き慣れないと思います。

火災保険はいざという時に大きな補償を得ることができる大事な商品です。
逆に言えば、きちんと加入しておかないと大きな損失を被ってしまうということになります。

いくら家計を切り詰めたり、金融商品で運用したとしても、家事や地震で被害にあってしまった場合、貯蓄を取り崩すことにもなりかねません。

その為にも、未来設計はトータルで考える必要があります。
火災保険見直しも大事な未来設計作業の一つなのです。 火災保険見直し提案を行う数少ないお店が当店です。
使命感をもって取り組んでいるともいえます。

Q 煙草も吸わないですし、火元には十分気を付けています。火事になる可能性は低いと思いますが、やはり火災保険や家財保険は必要でしょうか?
A 火災保険はご自分のお家が火元でない場合でも、大変重要になってきます。仮に隣のお家が火事になり、燃え移ってしまった場合、消火活動の際の放水作業で水浸しになってしまった場合、隣家の方には損害賠償の責任はないとされています(失火責任法により)。ご自分のお家や家財の損害は自分の火災保険で守らないといけません。
Q 火災保険はマンションを購入した時に入ったけど、よくわからないまま加入したきり。 補償内容にも差があるのですか?
A 建物部分には加入しているけれど、家財部分は加入していなかったり、別契約で加入している方もいらっしゃいます。

ベイタウンの住戸は全てマンションですが、家財保険は特に重要だと思います。

マンションの場合、スプリンクラー等や防災設備がしっかりしている為、火事になっても全焼まで至らない可能性も高いと思います。

但し、家財は水や煙で使えなくなってしまう可能性が高いと思われます。
火事の規模は小さかったとしても、家財はほとんど使えなくなるといったこともあり得ます。

家財保険まで加入しておけば、家財の損害に対して補償されるので安心です。

Q 個人賠償保険を火災保険に特約で付けられるのですか?
A 火災保険期間同様に長期で付保することが可能です。

マンションで水濡れ事故の加害者になってしまった場合、被害住戸に対して賠償責任が発生しますので、個人賠償特約は大事です。

水濡れ事故だけではなく、自転車事故等、日常生活に起こり得る賠償責任に対しても対応いたしますので、賠償に関するリスクから少しでも守りましょう。

もちろん、加害者にならないよう、周りに気を配りながら生活していくのが大事だと思います。

Q それまで加入していた長期火災保険を解約した場合、保険料はどうなるのでしょうか?
A 経過期間に応じて解約返戻金があります。
一般的な損害保険会社であれば、解約違約金等は発生いたしません。