「おうち」と「お金」のQ & A

57歳からの資産運用のQ & A

Q なぜ57歳からなのですか?
A 一般的には60歳で定年退職を迎え、そこで次のステージのライフプラン設計をされる方も多いと思いますが、子育てもひと段落していたり、定年を前に一足先に退職するかたも多く、意外と57歳頃の方の資産運用相談が多いので、それに合わせたネーミングにしました。
Q 銀行でも相談はできますよね?
A もちろん銀行で相談される方々は多いと思います。
ただ、銀行の場合、窓口でライフプランの相談に乗ることはないと思います。
窓口の担当者は比較的若い女性が多く、ライフプランを意識した話は苦手であり、「預金よりもこちらの商品がよいですよ!」といった商品売りのスタイルです。

また、銀行は移動や転勤で何年かすると、ほとんどの担当者がいなくなってしまいます。ライフプランという相談者には向かない業態だと思っています。
かくゆう私も以前は銀行に勤務しておりましたが、せっかく信頼関係が築けたお客様とは長いお付き合いをしたいと思いながら、残念ながらそれは難しいということがわかりました。そこでこのような形の仕事を選びました。

銀行は銀行の良さもありますので、うまく使い分けていただければと思います。

Q せっかくの大事な資金を目減りさせずに有効に運用したい。
A ほとんどの方がそのように考えているにも関わらず、資金の運用=株式や投資信託の購入 と考えている方も多いのが現実です
当店では未来設計書作成から始まり、その方にとって有効な運用をご提案いたします。これまで聞いたことのないようなご提案もご用意しております。