57歳以降の資産運用

57歳からがなぜ大事なのでしょう
目的をもった運用に

このようなことを考える時期です

□ 早期退職や60歳定年後の再雇用により、収入も大きく変わります
 その前にきちんと未来設計を行い、お金の流れを確認しましょう。
□ 子育てもひと段落し、生命保険も死亡への備え重視→長生きや医療費への備え重視に見直しするタイミング
□ 勤務先のグループ保険は在職中と退職後では保険料や保証内容が変わります。
民間の生命保険会社に加入し直しする方も多いです。
早めに見直しするほうが保険料も抑えられます。
□ 57歳女性の返金余命は約30年。現在のご自宅に30年間住み続けますか? 
 これからのライフパターンを考え、定年を前に住み替えを考えるのも一つの手です。定年前であれば住宅ローンを利用することも可能です。
□ 退職金を手にした途端、有価証券や投資信託といった金融商品を購入する方も多いです。
若い方であれば、リスクも許容しつつ投資を行う必要もあると思いますが、急に大金を投資するのは危険かもしれません。
ライフプランに合わせ堅実に有用する方法もあるのです。
□ お子様の為に、贈与も考えてみませんか?
年金の世代間格差、介護状態になった時にお子様の負担を減らしたい。そういった方も多いです。
お子様の為に資産を増やしてみませんか。

まずは未来設計書を作成していただきたいのですが、その際は未来設計書作成料5,000円(税込)。
その後の相談は1回に付き3,000円(税込)となります。

当社の提案する金融商品にご加入いただく際は、相談料はいただいておりません。

【ご相談の際にお持ちいただくもの】

相談の際は、下記の書類があるとより具体的なお話が可能です。
・年金定期便(将来の収入が把握できます)
・401K(確定拠出年金)の運用結果報告書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA