相続について考える

幸せな相続のためにできること
元気なうちにしかできません。

 

あなたの大事な方への想いを込めてバトンを渡しましょう。
生前にできること まずは相続や贈与の仕組みを知ることが大事です。
相続について考えることもライフプラン設計の一つです

こんな相談が多いです。

□ 父親が亡くなり、実家の不動産を名義変更したいが遺言もなく、遺産分割協議書の作成方法もよくわからない。
□ 父親が亡くなったが、所有財産がどのようになっているかわからない。
□ 相続した実家(一戸建て)を売却したいが、測量がされていないので、すぐには売却できない。
□ 認知症になってしまった父の所有している不動産を売却したいが、意思確認ができない為、売却ができない。
□ 相続税を支払ことになりそうである。但し、相続人の間で分割方法が決まらず、相続税を納める現金も用意できていない。
□ 相続財産は実家の不動産だけ、兄が実家を相続すると主張しているが、他の兄弟も法定相続分どおりに財産が欲しい。
□ 実父が亡くなり相続の大変さを知った。母が亡くなる前に、二次相続の有効な対策を知りたい。
□ 相続税は支払うことになったが、せっかく残してくれた相続財産を有効に運用したい。

上記のような相談が多いですのですが、被相続人(亡くなられた方)がきちんと相続対策してくれていれば、スムーズに手続きができます。

実際にはそういった対策をとっていないことが多いので、
大変になってしまうことも多いです。

 

illust05c

・初回相談は無料
・財産一覧作成表作成 5,000円(税抜)
・遺言書作成、遺産分割協議書作成、二次相続のアドバイス、各専門家とのコーディネート 3万円~5万円(税抜) 

登記費用、税務申告費用等の士業の方の費用は別途、直接お支払いただきます。

相続相談のQ & A

Q 何から相談してよいかわからない。
A こういったケースは多いと思います。その方が相続人(相続を受ける側)か、
   被相続人(相続する側)によって違うと思いますが、まずはお気軽に来店してみてください。初回相談は無料です。
   逆にこちらとしても、お話しを聞いてみないと何が問題になるのか、どういった対策が必要なのか、どの専門分野の人と組んで問題解決していくかわからないことが多いです。
Q どの年代の方の相談が多いのでしょうか。
A 40代~50代の方が多いと思います。
その方々のご両親が亡くなられたとか、相続が発生する年代なのだと思います。
Q 相続が発生し、自宅を相続登記したいのですが、相続登記もお願いできますか?
A みすずユナイテッドは、もともとは「みすず総合事務所」という司法書士と家屋調査士の事務所から発展いたしました。ベイタウンでも「公園西の街、2番街、17番街、アバンセ、エリスト」の登記を担当させていただいております。

幕張ベイタウン店には常駐はしておりませんが、連携して対応しております。

ただ、相続登記の際には「遺言書」があれば、スムーズに手続きできるですが、
遺言書がないケースがほとんどです。その際には相続人全員で協議したうえで「遺産分割協議書」を作成する必要があります。

その際は、作成のお手伝いから始めさせていただきます。

Q 税理士、弁護士の方に相談する場合、どのようにすればよいですか?
A 当店は、相続相談の「道先案内人」という位置づけでおります。
相続税のことに関する相談であれば、税理士、登記に関する相談であれば司法書士、争続に関する相談であれば弁護士といったことになります。そこが絡み合っているケースもあります。

但し、相続のことは一人のプロフェッショナルだけでは対応しきれないことも多いですし、すべての士業の方々が相続に対応できるわけではございません。
お医者さんにも専門分野があるように(内科は内科医、外科は外科医のように)、士業の方にも専門分野があります。
上記のようなことを踏まえて、まずは当店でお話をお伺いし、士業との連携が必要な場合、連携して対応していきます。

通常、士業の方がお客様のところに出向いてお話を聞くことはあまりなく、お客様の方から予約してお伺いする形だと思います。当店であれば、当店に集まって頂きワンストップで対応していけるのも特徴です。

相続の場合、ご兄弟全員でお話を聞く必要がありますが、兄弟全員で士業の方の事務所に相談に行くことは非常にハードルが高いと思います。

そういった点でも、この店舗はみなさんが集まりやすい場所であると思います。