住宅ローンの借り換えなら是非ご相談ください

【フラット35】平成29年8月実行金利

●融資率とは建設費・購入価額に対して、【フラット35】のお借入額の占める割合をいいます。
●実質金利は借入金2,500万、元利均等払い、返済20年(左欄)・35年(右欄)、繰上返済なしの場合を前提としています。
●当月中に資金実行する場合に上記金利が適用されます。
●金利は毎月改定されますのでご注意ください。
●フラット35は既存住宅ローンの「借換」にもご利用いただけます。

モデルケース

旧住宅金融公庫からの当初借入3,500万円、お借換え時の残高2,500万円、返済残り期間20年、既存借入が固定金利3.50%(団信利用と仮定)お借換え後の固定金利年1.02% (平成28年3 月実行金利)、ボーナス払いなし、元利均等返済、機構団信付き、融資手数料2.0%(税別)の場合。

※上記総支払額の試算には諸費用(融資手数料、団信保険料、登記費用、印紙代等)をすべて含みます。
※該当諸費用の内、当初費用として約80万円(上記に含む)が必要です(諸費用も融資対象となっています)。
※上記ケースはあくまで目安であり、お借入を保証するものではありません。
※具体的な返済額比較・申込み方法の詳細等については下記窓口までお気軽にお問い合わせください。

fukidashi05

現在加入中の団体信用生命保険の見直し

≪例.35歳男性/非喫煙且つ健康体の方 借入金額35百万/借入年数35年の場合≫

団信保険料総支払額 約247万円 ⇒183万円(▲65万円)へ

フラット35で加入する、住宅支援機構の「団体信用生命保険」と同じ保険機能を持つ
「民間の生命保険商品」を比較提案させていただくことも可能です。
年齢や健康状態によっては、機構の団信よりも、安い負担で保険加入が可能です!!

ご存じでした?フラット35からフラット35へ借換できるんです。

image_manga