幼保無償化のチャンスの時期にお金を増やそう

昨年の10月に消費税増税が実施され

増税分の財源で幼保無償化が始まりました。

幼保無償化とは

幼児教育・保育の無償化: 子ども・子育て本部 – 内閣府 より

幼稚園、保育所、認定こども園等を利用する3歳から5歳までの全ての子供たちの利用料が無料になります。

満3歳になる年の4月より小学生になるまで保育園料を無償化にする制度です。

幼稚園は月額上限2.57万円です。

保育園料は世帯の住民税で保育料が決まっていたので、年収が多い世帯ほど保育料が高く、家計を圧迫していたので

共働き世帯にはとても嬉しい制度です。

対象となる子育て世帯には恩恵がありますが

本来かかるはずの費用が無くなることで財布のひもを緩めてはいけません!!

これまでは学費があまりかからない小学生の時期が貯蓄のタイミングと言われておりましたが

この制度改革に合わせて

お子様が小さなうちに教育資金を貯めていくことをお勧めします

大学の費用はいくらくらいかかるか知っていますか?

いざ必要になったときに足りない!

どうしようと慌てても本末転倒です。

子供がやりたいと願ったことをできる限り手助けしてあげたいと私は思っております。

10年後以降の学費のためにコツコツ積み立て

そのためには今から貯められるときにコツコツ積み上げていくことが大事です。

中々貯められない方毎月コツコツ自動スライドで貯めていくことをお勧めします。

児童手当の制度もあります。

毎月3歳までは15,000円、中学生まで10,000円支給されます。(3か月に1度支給です)

※所得制限があります。

お給料や収入が入ったら先取り貯金することで自動でお金が貯まっていくので貯められない方は是非実践してみてください♪

詳しく相談したい方、何から始めたらよいかわからない方は相談にいらしてください♪

前の記事

保険の3つの考え方