生命保険商品を使って生前贈与の手続きをシンプルに

生命保険を活用して相続税の対策が可能なことはご存じですか?

保険は万が一の時の補償として大事な役目がありますが

その他にも相続税対策にも活用可能です。

相続時に生命保険の非課税枠というものがありこちらを活用することによって相続税のコントロールが可能です。

弊社での相続の相談も承っております。

相続は起きてからですとどうにもならないことが多く、争続(争う相続の略です)を避けるためにも早めに対策が重要です。

弊社のお客様でも早めにご相談くださり事前に相続対策されている方がいらっしゃいます。

相続税対策に贈与を活用

生きている間に自分の財産を相手方へ贈ることを贈与と言います。

贈与することによって更に相続税対策が可能となります。

自分の財産を生きている間に子や孫へ贈り資産を守っていくことが可能となります。

保険を活用することにより万が一の場合にもお金に名前を付けて渡したい方に保険金を渡せことが可能となります。

相談にいらっしゃる方の悩みは

  • 自分の財産をできるだけ多く残したい
  • 自分が無くなっても家族が安心して暮らせるようにしたい
  • 孫の大学資金として渡したいが使ってしまわないか心配
  • 相続で争ってほしくない

多くの方は残された家族の心配をされています。

お金に名前を付けて贈与することによって公平性も保て争続を回避できますし、活用時期に合わせて贈与することも可能です。

※贈与することにより贈与税が発生いたしますので詳しくはお問合せわせください

詳しく聞きたい、相談したい方はお問い合わせください。

弊社ではコロナウイルス感染予防としてオンラインでも相談可能な環境整備をしております。

お問い合わせ時にオンライン相談ご希望の方はお伝えください。